タイトルなし

少しお話をしましょう。



一応・・・見る際は注意したほうがいいかも。。。




私の家のすぐそばに、アパートがあります。


私の部屋を出て、廊下にある窓からそのアパートの外の廊下が見えます。





そのアパートには数年前に、

元警察官の方が、障害をもった方々を連れて一緒に越してきました。



その元警察官の方が、そのアパートを利用する事情と、

一緒に越してきた方々が、周りに迷惑を掛けるかもしれない、と、挨拶とお詫びをしにきました。





私は障害をもっている友人がいるゆえに、大して気にすることもありませんでした。







































ある日、そのアパートから叫び声が聞こえてきました。

叫び声といっていいのか、怒鳴り声といっていいのか。

とにかく、声からして若い女性が騒いでるのがわかりました。



私も生涯、自分の家の周りでそんな出来事があったことなどありません。

私は興味本位で、何を叫んでいるのかを聞いていました。





その叫びは、ひたすら

「帰れよ!帰れよ!」



と叫んでいました。





おそらく障害をもった方の親が訪問し、娘と口論になり、

この状況になっているのではないだろうかと推測。



この推測は、この出来事がそれ以降の日にも度々起きたことから生まれました。























それからしばらくが経った日の深夜。



私はお腹がすいてきたこともあり、食料を漁りに冷蔵庫に向かおうと部屋を出ました。





部屋を出て・・・何気なくそのアパートの方に目をやると・・・



アパートの廊下の電気がついていました。

元々、その廊下は常に電気がついているのですが、スイッチ式で更に明るくなる電気があるようです。

その明るい電気が点いている時は、大体そのアパートに住む方が帰ってきたときになります。



ゆえに、私はその時(あぁ、誰か帰ってきたんだな)と心の中でつぶやきました。





すると、階段から若い女性の方が昇ってくる。





私は、(この女の人がいつも騒いでる人なのかなー)とその女性を眺めていました。










すると、その女性はこちらに視線を向け、目があってしまいました。



私は、目があってしまった気まずさに、そそくさと冷蔵庫のある部屋まで移動しました。





食料をある程度確保し、部屋に戻りました。女性は部屋に入ったのか、姿はありませんでした。






















それからまたしばらく経った日の夜。



私は、お腹がすいてきたこともあり、食料を確保しようと、部屋を出ました。










以前の出来事もあり、ふとアパートの方が気になり、視線をそちらに向けました。































なんと、以前目があった女性がこちらをじーっと見ている























私は心臓が一気に早くなりました。



その女性は、スイッチ式の電気が点いていない廊下から、こちらを見ていました。














私はその不気味な光景に恐怖を感じ、急いで部屋に戻りひたすら朝を待ちました。














































疲れきっていたのか、私はいつの間にか眠っていました。

何事もなく私は朝を迎えることができました。

恐怖もある程度和らぎ、恐る恐る部屋を出ると、女性の姿はありませんでした。




































その出来事があって以来、しばらく私は深夜に部屋を出ることができませんでした。



またあの女性がこちらを見ているのではないかと考えると、恐怖で部屋を出る気になれませんでした。



























































そして、その出来事から女性の騒ぎを聞くことはなくなりました。

























































さて・・・

















































































どこからどこまでが実話だと思います?
スポンサーサイト

COMMENT

No title - ガベ子さん #JalddpaA

「そして、その出来事から女性の騒ぎを聞くことはなくなりました。」
からだと思いまs

つまり、今もまだ視線を感じ、騒ぎ声も…。
マイルームに行けば、そこには誰かがいつも…!

…え、そういう話ぢゃな・・・え?

2015.07.24(Fri) 10:52 | URL | EDIT
No title - 黒い鳥

よくその女の人をみてみると見た目が青い鳥だったまではほんとだと思いました!

2015.07.24(Fri) 13:30 | URL
No title - 銀

最初の1行目ですね?

2015.07.25(Sat) 08:15 | URL
( ゚Д゚) - ながれん

いやいや、電気がついているところでよく見たら、黒い鳥なのですよ!!

うちの近所にも精神的な障害を持ったお姉さんが住んでいます。
時期になると?幻聴幻覚があるらしく、お庭で深夜まで立って「電波が届いてる」「明日結婚する」と一人で叫んでいるです。
もう慣れっこであまり気にしたことはないのですが・・・・夜に木陰に立っていると、お化けと間違うです( ゚Д゚)




2015.07.25(Sat) 15:01 | URL
No title - ゆっきー

>ますたー
あれはうささんだったのか・・・
まさか目の前に住んでいたなんて・・・
ッテ、チガワーイ

>ゆっふぃさん
なぜ青い鳥なのに女性なのかっていう突込みとか
そもそもよく見なくてもわかるよねとか色々
突っ込みどころg

>銀さん
つまり、そもそも私はお話をしていないと・・・
ということは、このお話はいったい・・・

>うささん
でもあの目でこっち凝視してたら完全にホラーですおね・・・

電波届いてるwwwwwwwww
すごい人がいるますねww
木陰は完全にホラーじゃないですか・・・

2015.08.13(Thu) 20:45 | URL

↑